医療用ウィッグに関して

医療用ウィッグってそもそも何?

抗がん剤の治療時などに最近よく聞くのが医療用ウィッグ。
だけど医療用ウィッグが実際にどんなものなのか知らない方も多いはず。
そんな方のために医療用ウィッグはどんなものなのかを間単に説明いたします。

医療用ウィッグとは

医療用ウィッグとは、「抗がん剤治療」や「円形脱毛症」、「火傷」、「けが」などいわゆる病気やけがに
よる脱毛をカバーする為に作られたウィッグです。
頭皮に傷があったり、敏感な状態の時に着用するため『安心して着用できる品質基準』が必要とされていました。そこで2015年4月に厳しい検査基準が設けられ、検査に合格したウィッグは「医療用ウィッグ」としてJIS適合宣言を行い表示されることになりました。

医療用ウィッグの価格は市販のウィッグに比べて高価なものもありますが、
品質が良いウィッグは着用していてもウィッグだと気付かれることはほとんどないくらい自然なものもあって、気持ちを前向きに変えてくれます。

髪質や頭皮部分の質にも各メーカーごとにこだわりがあり、人毛や人毛に似た質感の毛が使われていることが多く、安いものでもそれなりに自然なツヤで、軽く見たり触ったりしたくらいでは違和感はありません。
スヴェンソンやフォンテーヌは、高いだけあって品質がいいので、私の知る限りでは、見た感じだとほとんどわからない人が多かったです。

しかし、中には明らかにかつらだなあと思うような人もいて、そういう人は
ご自身でも納得されていると思うのですが、「安いのでいいのよ。」と割り切っている方が多いように思います。安いのを何個か取り換えながら使うというのもアリだとは思います。

抗がん剤治療が終わったら元に戻るから、その間は安いものでとか帽子でというのもあるのですが、
意外とまた生えてくるまで時間がかかるというのと、生えてきても元のようなボリュームになかなか戻らなかったり白髪とかくせ毛で生えてきたりするので厄介です。

抗がん剤治療などの場合は髪の毛が元の状態に戻るまで1年から長くて数年かかります。
私はベリーショートの長さまで自毛が生えてきたらもう大丈夫な感じだったのでウィッグは外してしまったのですが、くせ毛や白髪の人は結局2,3年使ってるなんて人もいるので、難しいです。
人によってどうなるかはわからないのでなんとも言えないのですが、少し余裕を見ておく方が無難な気がします。

好みによると思いますが、メーカーの店舗などで購入をするとカウンセリングを受けながら当人に合わせた
ウィッグを作ってくれますし、後でウィッグのサイズ調整とかアドバイスをしてくれます。
通販とかで購入すると、安いですけどそのようなサービスを受けることができない事がほとんどみたいです。

店舗などで購入する場合でもそういったサービスにお金が掛かったり、
融通がきかないお店もあってさまざまなので、よく確認して買うことをお勧めします。
大変ですが、資料請求などをしたり実際に店舗に行って話を聞いてみることができればいいですね。

▼私のオススメウィッグは
年間約3万人の患者さんから選ばれる理由がここに。スヴェンソンの医療向けウィッグ。