医療用ウィッグに関して

どんな時に必要なの?

医療用ウィッグは実際のところどんな時にどれくらい使うものでしょうか。
普段なじみがなく、想像しづらいという方もいるかと思いますので
ここでは医療用ウィッグが必要なシーンとその理由を解説します。

シーン1.家の中で

子どもがまだ小さかったりとか、高齢の親に心配をかけたくないので
と家の中でもウィッグをつけているという方もいらっしゃいます。
このような場合、ウィッグを2つ持っておいて、片方をメンテナンスしながら
という対応が必要かなと思います。

シーン2.不意の来客とか近くのコンビニなどでの簡単な買い物

宅急便やご近所さんが来たりとか、ちょっとしたコンビニなどのお出かけは、帽子や
手軽なつけ毛を活用していますという知り合いが何人かいました。
一ついいウィッグを持っていても、ずっとそれのみだとウィッグもいたんでしまいますし、やっぱり
帽子とかの方がウィッグよりも楽なので、あると便利だと思います。

シーン3.友人と食事にいくとき

最初は帽子だけで済ませてた友人がいたのですが、治療が終わってから外出する
時に、やっぱりお友達とレストランで食事なんかをしようとすると、室内で帽子はちょっと、
となってウィッグを買ったという人がいました。体調と相談だと思いますが、治療の感じが
つかめてきたら、外出することもわりと可能だと思いますので、そのときにウィッグを
使うかもしれません。

シーン4.子どもの学校行事

入学式、卒業式とか部活とかで使うと言ってる人もけっこう周りにいます。

シーン5.仕事

仕事をしているため使うというのが、やはり一番多いと思います。
自然なのはもちろん、暑い時期にはやっぱり蒸れたりするし、仕事をする方はやっぱり
いいウィッグをしっかり選ぶのがいいと思います。

▼私のオススメウィッグは
年間約3万人の患者さんから選ばれる理由がここに。スヴェンソンの医療向けウィッグ。