選ぶポイント

どこに行けば手に入るの?

実際に医療用ウィッグを購入するとなってもどこに行けば購入することができるのか
分からない人もいるかと思います。
主な購入方法としては「病院」、「百貨店」、「メーカーの店舗」、「通販」になります。
それぞれの購入方法の違いをチェックしていきましょう。

方法①.病院

病院内で購入する場合は、基本的に病院内で併設されている美容室やメーカーの店舗での購入になります。
院内で医療用ウィッグの情報が展示されている場所も多く見受けられるようになってきたので、
治療のついでだったりというような場合に重宝します。
しかし希望するメーカーが併設されていないことがほとんどだと思いますので、他と比較してみることを
おススメします。

方法②.百貨店

大手のフォンテーヌ、アートネイチャーは百貨店に多く入ってます。お住まいの近くにあったり、
買い物のついでに立ち寄れたりと利便性はよいのですが、逆にデメリットとしては
個室がなくて人目が気になります。あとは美容室ではないので美容師がいないことも多く、
細かい調整もできないところでしょうか。

方法③.メーカーの店舗

医療用ウィッグを開発してるメーカーの店舗に直接行くパターンです。
既製品の場合はカタログなどで取り寄せも可能ですが、
セミオーダーやフルオーダーのウィッグは店舗に実際に行かないと作れないので近くに店舗がない場合は大変です。
ただ一部のメーカーなどでは出張サービスも行っています。
医療用ウィッグを専門とした毛髪のプロからのアドバイスによって、
試着などをしながら満足できるウィッグ選びをすることができるのが一番良いところだと思います。
様々なサービスも受けられます。
また個室などでしっかりとプライバシーを保護しながら対応してくれるメーカーもあるので落ち着いて気に入ったウィッグを探したいのであれば、メーカーの店舗が一番です。

方法④.通販

気軽にインターネットで購入できるのが通販です。
サイズやスタイルなどを見て簡単に購入でき、手元に届くわけですから最も楽な購入方法です。
価格も安いのでまず欲しいと考えるのであればアリです。
ただ、ウィッグは頭の形が一人ひとり違うので、着けてみるとだいぶ印象が違っていて
これがあの写真のウィッグ?と思ってしまうこともあります。
買ったはいいがそのままタンスのこやしという話も時々聞く話ですので、
そのあたりは注意する必要があります。

下記に自分の経験からそれぞれの販売方法を簡単な比較表でまとめましたので参考にしてください。

販売方法毎の比較

  サイズの
調整
アレンジ プライバシー
の保護
訪問などの
出張サービス
病院 ×
百貨店 ×
店舗
通販 × × ×

選択肢はいくつかありますが、体調や時間が許せば、直接店舗に実際に行って購入するのが
後々の事を考えても一番だと思います。トータル的なアフターサービスを受けることができるメリットも見逃せません。
アフターサービスには、メンテナンスやサイズ調整だけでなく、脱毛対策全般のアドバイスや
洗髪の仕方まで教えてくれるところもあります!
ウィッグだけでなく脱毛期間中に必要なグッズを色々と販売していたり、
生え始めの髪のお手入れを行ってくれるところなど、受けられるサービスは様々にわたります。
ウィッグで失敗したという話は数多く聞いてきましたので、ぜひ手に取って試着して
満足のいくものを選んでいただければと思います。

▼私のオススメウィッグは
年間約3万人の患者さんから選ばれる理由がここに。スヴェンソンの医療向けウィッグ。