ウィッグのあるある話

医療用ウィッグを使っていてよく感じる悩み

医療用ウィッグを使ったことのある方ならわかる、よくある悩みとその対処法をまとめています。

あるある1.かぶってみるとイメージと違う。

通信販売などで気に入ったスタイルのウィッグを買ったつもりでいたが、
いざ着けてみると想像していたイメージと違っていたなんて話は良くあります。
店頭で直接見るウィッグも、マネキンが被っているものを実際に自分が被ってみるとだいぶ
イメージが違います。やはり頭の形やサイズが違うので、試着しないとわからないと思います。
そのまま使わなかったとの話もわりとよく聞きます。

あるある2.一日着けていると痛い。

ウィッグはずっと着け続けるものなので、夕方位になると頭が痛くなってしまったり、重くて疲れてしまう
ことがあります。ちょっとキツかったり、あとは逆にゆるかったりするとずれたりするので、
サイズがぴったりであることは本当に大事です。ただ、何度もこのサイトでお伝えしているとおり、
頭のサイズは変化するので、結局のところ細かく調整するしかないですね。
そのあたりが大変だし、お金や時間がかかる会社だと負担だと思います。

あるある3.肌に触れる部分が気になる。

ウィッグで肌に触れるのは、耳のもみあげ部分、襟足、あとは前髪やウィッグの裏地のネット部分、
留め金具などです。このあたりの素材が肌にやさしいか、留め具の素材は金属であればかぶれたり
痛かったりしないかは気をつけた方がいいですね。個人差があると思いますのでご注意を。

あるある4.バレそうで心配。

ウィッグはちょっと動いたり、あと自転車に乗ったりしていると、風でずれたりしてないか
不安で落ち着きません。サイズがぴったり合っていればそうそうずれることなく大丈夫
だとは思うので、その点でも装着感はやっぱり大事です。
あとは、バレるといえば、髪の毛がだんだん生えてきたときに、襟足とかもみあげが浮いて
きたりしがちなので、そのあたりは気になります。ファッション用とかだと、元々髪の毛の上
から被る用なので襟足とかもみ上げが短いことがあります。

あるある5.洗ったら大変なことに。

当たり前なのですが、ウィッグは長時間着けていると汗をかいたりしますので洗わないといけません。
ただ、そう思って自宅でシャンプーなどを使ってウィッグを洗うとカールがとれてきてしまったり、
少し絡まってしまったりします。ある程度安物だとしょうがないところありますが、
特にカールは長期間保持するのは期待しない方がいいと思います。
あとは、お金がかかってしまいますが、お手入れをメーカーにお願いするとやっぱりきれいになります。

ウィッグを探すのは時間やお金の面でも、それから精神的にも余裕がないので、
後悔しないように選ぶのは本当に大変だと思います。
だからこそ、上記のようなことを少しだけでも頭の片隅に置いていただいて、
選ぶ際の参考にしてもらえると嬉しいです。

▼私のオススメウィッグは
年間約3万人の患者さんから選ばれる理由がここに。スヴェンソンの医療向けウィッグ。